イメージがつかめたところで簡単に飾ってみよう!

試して分かるCSSでのテキストスタイルの制御

CSSを学び始めるなら、手軽に勉強できるのがテキストスタイルの扱い方です。CSSの役割として、HTML上の記事に用いられるフォントの制御があります。色やサイズなど、必要に応じてCSSでコントロールが可能です。このテキストの属性設定は、サイト作成で頻繁に用いるテクニックであるため、知って役立ちます。
また記述したコードの結果が一目で分かるのも、テキストスタイルを勉強するメリットです。どのようにCSSを記述すれば効果がでるのかすぐに分かり、勉強しやすいです。テキストのコントロールが理解できたら、さらに状況にあわせた適切な属性の使い方を学ぶのが大切です。必要な時にうまく属性を使いこなせてこそ、CSSを使う意味があります。

CSSでブロックごとのレイアウトを練習

CSSが果たす重要な役割の一つが、ブロックごとの配置です。一つのページ内には、いくつかのブロックに分けられた領域が存在します。これらのレイアウト次第で、ページの読みやすさが大きく変わります。またCSS上の設定方法に誤りがあると、レイアウトが崩れる可能性があります。
イメージ通りにレイアウトを設計できるかどうかは、知識だけでなく積み重ねた経験による部分も大きいです。学んだCSSの知識を活かし、できる限り多様なレイアウトを試してみるのが、上達のコツです。自在にCSSを駆使できるようになり、たとえ複雑なページレイアウトでも崩さずに設定できるようになれば、これからのインターネットサイト制作で強力な力になります。