もう少し工夫して飾ってみよう!

線を引いて色を与える

装飾については、いろいろな方法があります。
ひとつは線です。これはコンテンツの区切りや境目などに引く、テキストの下線を引く、などの方法があるでしょう。
コンテンツの区切りや境目に引くのであれば、CSSでのborderを使う方法があります。初心者ならば、この方法が最も簡単ですね。
線を引くのは上下左右があり、色や太さ、線の種類を変えることができます。それぞれ別個に設定することもできれば、一気にまとめて設定を与えることも可能です。
線の種類などを選んで設定するとそれだけでも印象アップにつながります。コンテンツの区切りを表示したり、サイトのコンテンツを見やすくするよう工夫するとよりすっきりまとまり見やすいサイトになるでしょう。

背景を設定して面白いサイトを

また、背景を設定するとより使いやすくなります。
この背景ですが、基本的には色です。ただし一色で塗りつぶしたくないのなら、背景に画像を準備して適用させ、その背景画像の配置を設定すると面白い背景になります。デザインをしっかり配慮したり、画像にしたいというのなら見やすさまで考えて配置すると、より面白いサイトになるでしょう。
これはCSS2でも使えるのですが、CSS3ならCSSを書いてテクスチャを使ったような背景やグラデーションなどを設定することができますよ。慣れや技術力は必要ですが、書くだけで十分ユニークな背景を使うことができるでしょう。
全体の背景、見出しの背景、特定の部位への背景の適用なども考えると、より面白くなります。ぜひ使ってみましょう。