意外と簡単なんだって!CSSの基礎

まずはHTMLから理解しよう

HTML、CSS、Javaスクリプト、パール……。ホームページのことを学ぼうとすると、もう何がなんだか分からなくなってしまいますよね。でも、安心してください。仕組みが分かれば、あなたもきっとCSSのことを理解できるようになるはずです。
まずは、HTMLというものをきちんと正確に理解することが大切です。
ホームページを作成しているとき、HTMLのことをテキストにくっついているなんだか分からない飾り、のように考えたりしていませんか?HTMLには、2つの「タグ」によって文章を挟むことで、その文章を装飾する、という役割があるのです。装飾と言っても、HTMLのそれはCSSのように派手なものではありません。ただ段落を分けたり、テキストをテーブルのなかに収めたりすることが出来るだけです。それでも、パソコン上で見ているホームページ画面の裏に回れば、上から下までこのHTMLがすべてを貫いているのです。

CSSデータの仕組み

ホームページを作り出すHTMLファイルが、HTMLのタグによってすべて挟まれていることは分かりました。見方を変えれば、HTMLタグは、ホームページ画面のなかで透明になって「見えなくなっている」と考えることもできます。HTMLファイルの中には、テキストの他にタグまで含めたすべてが書き込まれているのです。
CSSのデータは、このHTMLファイルと連携して働くように、HTMLファイルとは別のCSSファイル、というファイルのなかに書き込まれています。そして、CSSのデータもまた、テキストで書かれているのです。CSSは、HTMLテキストという漢字にふるルビのように働いている、と言ってもいいでしょう。
CSSを使いこなすには、もちろんCSS自身のことを詳しく知らなければなりません。ですが、CSSもまたテキスト形式のデータなのだ、ということが分かれば、案外なあんだ、という気もちになったりするのではないでしょうか。